iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

赤信号中にスマホを操作すると、違反!?違反じゃない!?

   


ドライブ中に電話が鳴ったので、ついついその場で取ってしまい、運悪く警察に捕まってしまった・・・なんてことは少なくないはずです。

確かに走行中のスマホの利用は道路交通法で禁止をされています。

しかし、信号待ちは?って思った時があるのではないでしょうか!?

そのあやふやなルールをまとめてみたいと思います。

罰則・違反金を理解しておこう

車やバイクを「走行中」に通話などの携帯電話の使用は下記のように原点や罰金が課されてしまいます。

■携帯電話使用等(交通の危険)違反
・反則金9,000円
・減点2点

■携帯電話使用等(保持)違反
・反則金6,000円
・減点1点

道路交通法には、携帯電話におけるながら運転について以下の通り法律が定められています

運転者の遵守事項
第71条第5号の5
自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。

この法律ですが、気になる点があることにお気づきの方もいるのではないでしょうか?

[1]赤信号も完全に停車をしている状態だけどOK?
[2]手に保持するのがNGならば、スマホフォルダを利用すればNGにはならないのか?
[3]表示された画像を注視しないこと注視って何秒?注視しなければOK?

実は、こんな疑問が出るほど現在の法律には一部曖昧なところがあるのです。

赤信号でのスマホの利用はOK!?

法律上では、完全に停車をしている状態であれば携帯電話を使用することは禁じていません。

確かに路肩に停車をして、エンジンをかけたままスマホを操作している姿はよく見かけますよね。

気になる赤信号についてですが、「動かない限りは使用しても違反ではない」ということになります。

しかし…

↑のようなケースがあったそうです。

車が動いていないことを立証できれば罰せられることはありません。

もしこのケースで警察に捕まってしまったという時には抗議をしましょう。

スマホホルダーはOK!?

走行中に手に持ち操作をすることは禁止されています。

しかし、最近では、スマートフォンを固定できる車載ホルダーはカーショップで気軽に手に入ります。

それであれば手に持つこともないので問題ないかというと、「手に持っていなければ走行中に操作可能」となります。

しかし、この後紹介する「注視」に該当する可能性があるので、使用方法は十分に注意する必要があります。

注視とは!?

注視とは「注意深くじっと見ること」の意味で、法律ではじっくり見ることが違反とっています。裏を返せば注視しなければ違反ではありません。

では、注視の基準って何だろう?と調べるのですが、、現在の道路交通法には注視について厳密な時間などの指定はされていないのが現状のようです。

その為、現場の警察官個々の基準(さじ加減)が設定されてしまう可能性も高いのです。

スマートフォンの利用は、法律的には「完全に止まっている状態」もしくは「手に触れず、注視をしない」条件であれば、捕まることはありません。

しかし、今回紹介した点については、どれも完全な状態であることが条件です。一つでも欠ける場合には違反行為となり罰の対象となるので、十分利用には注意するようにしてください。


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - カーライフ, 雑学 , ,