iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

【任意保険未加入のリスクまとめ】任意保険に入っていないと、大変な目にあうぞ!

   


自動車を運転するにはリスクがつきもの。

もしもの時の為に、それが保険です。

自動車の保険には大きく分けて2つあり、自賠責保険と任意保険に分けられます。

先日、筆者実兄が接触事故を起こしたそうで、任意保険未加入だったそうです….。

てんやわんやの状況だったそうですが、やはり自賠責保険だけだと状況悪化は必至です。

任意保険に未加入だと何が起こるのかということをテーマにお伝えします。

自賠責保険とは!?

自賠責保険とは、自動車やバイクを運行する場合に加入が義務付けられている保険です。

通称”強制保険”と呼ばれており、自動車損害補償法という法律によって定められています。

よって、未加入の状態で自動車やバイクを運行した場合は法律によって罰せられる事になり、その罰則内容は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられることのなっており、さらに違反点数は6点で免許停止処分となります。

自賠責保険の主な補償範囲は自動車を運行中に他人に怪我をさせたり、死亡させたりしてしまった時に対人賠償として被害者へ支払われます。
この補償内容については迅速かつ公平に支払われるように国土交通大臣及び内閣総理大臣によってその基準が明確になっています。

その基準内容とは、傷害は最高120万円、後遺障害で介護の度合いにより最大3000万円〜4000万円、死亡補償が最大3000万円です。

任意保険に入ってないと、大変な目に!

さて、任意保険に未加入の状態で自動車で事故を起こした場合、どのようなことが起こるのでしょうか?

自賠責保険の部分で触れましたが、自賠責保険で支払われる対人事故の上限は最高で4000万円です。

この金額は被害者救済の為に払われると共に、加害者の今後の社会的生活を継続させる為にも支払われますが、現在起きている事故による人身関連の損害賠償金額がどのような金額かというと、職業や年齢、性別によって違いはありつつも、死亡の場合は軽く億の単位となっています。

自賠責だけではとても賄えない金額

例えば、将来のある中学生に後遺障害の残る怪我を負わせた場合は3億円とも4億円とも言われており、40歳位の医者の場合には5億円を超えた賠償金も当たり前です。

この賠償については自動車を運転し事故を起こし加害者になってしまった場合にはその請求からは逃れる事はできないため、任意保険に加入していなければ自分自身で工面して支払っていかなければなりません。

このような状況になったら自分だけで無く一緒に暮らしている家族も崩壊してしまう可能性も多分に考えられます。

また、自分は全く悪くないような事故で加害者では無くても事故の過失割合というものがあるので少なからず過失割合が発生すると賠償責任を問われる事になってしまうのです。

このように任意保険未加入の状態での自動車の運転には多大なリスクが伴います。

相手も任意保険未加入だと…

自分が任意保険に未加入のケースでの相手の賠償に対するリスクは理解してもらえたと思いますが、事故に遭って相手が任意保険に加入していないケースもリスクとして考えなければなりません。

自分に過失のない事故であったとしても相手が保険未加入の場合、賠償請求が出来ても一向に支払ってもらえ無いケースも考えられます。

そのような時には自分が任意保険に加入していれば、自分自身の怪我などや車両を直したり、買い替えたりするお金は任意保険で賄えるケースもあります。

全国平均27%の人が任意保険未加入という状況を考えると無視できない問題です。

自動車を運転していれば事故にあう確率は一定の割合で発生します。

任意保険に未加入でいてその時に気付いても時すでに遅しで一生を棒にふる事になります。

確かに任意保険の保険料は高額となりますが、自動車を運転する以上はは強制保険と変わらず必ず加入するようにしましょう!


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - カーライフ , ,