iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

高齢者の自動車事故が増えてる件

   


最近ニュースで、高齢者含め、怖い自動車事故が増えてる所感ですよね?

 

上記警視庁のデータでもピンク色の高齢者関与事故は確かに伸びてしまっています。

ただ、こちら仕方がないと言えば、仕方がないのです。普通に少子高齢化で高齢人口が増えてるので

その比率も必然的に高くなってしまうと。

 

一説では、実はマスコミやニュースで騒ぐほど急激に伸びている訳ではないが、大々的に取り上げて

自動車メーカーの自動運転や自動ブレーキ機能の付いた新型車を高齢者向けにアピールをしているという話も出てたりしますが、

現実として、登校途中の小学生に車が衝突して死亡事故が起きている事実は、何よりも変えがたい悲しい現実です。

 

当たり前の事ですが、こういった事故を防ぐ為にも、まず高齢者講習の認知を、当人含め、ご家族なども高めていくのが、第一歩かと思います。

警視庁も各教習所も、高齢化講習への取り組みは力を当然入れ始めています。

 

 

じゃ、高齢者講習って具体的に何するの?

70歳~義務付けられていて、所要時間は言ってもたった3時間で、費用も6,000円かかりません。

座学学習 30分
適性診断 1時間
実車診断 1時間
討論 30分

 

75歳以上の方

講習予備検査 30分
座学講習 30分
適性診断 1時間
実車指導 1時間

 

費用もかかりますが、下記の通り6,000円弱になります。

必要なもの

  • 高齢者講習通知書
  • 運転免許証
  • 法定講習費用
    • 70歳~74歳の方 5,600円
    • 75歳以上の方   5,850円 (内訳 講習予備検査 650円、講習費用 5,200円)
  • 筆記用具
  • 認印

 

免許を取得時や、免停(免許停止)から再取得は、時間も費用も比べものにならないくらい、当然かかりますので、再度高齢者の方含め、ご家族やその友人の方々も高齢者講習認識を高め、悲しい事故を減らしていきましょう。

 


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - 免許をとる ,