iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

初心者ドライバーが気をつけるべき運転ポイント!!!

      2016/06/23


drive

運転免許を取得して、いざ一般道で運転に挑戦となるとなんだか緊張してしまうもの。教習所で一般道を走る練習もしますが実際に自分の車で一人で走るのは違ってきます。

気をつけないと事故につながることもありますから、初心者のうちは注意して運転をする必要があります。

今回はそんな初心者ドライバーの人のために、気をつけるべき運転ポイントをいくつか紹介します。

余裕を持って運転しよう!

教習所でもさんざん言われる事ですが、心に余裕を持つことは非常に大切です。余裕がないと判断が鈍くなり大事なところでミスを犯してしまいます。

心に余裕があれば冷静に状況を把握することができるので失敗することも少なくなるでしょう。

しかし初心者のうちは余裕を持てと言われてもなかなか難しいですよね。どうしても余裕なんてなくなってきてしまいます。

そんな時は誰が友人や親などに同乗してもらいましょう。一人で運転するのは、すべて自分で判断しなければなりませんからプレッシャーが大きいです。

誰かと一緒に乗ることでそのプレッシャーが半減され、気持ちが楽になるでしょう。同乗者が運転に慣れた人だとなお良いです。

大通りを選ぼう!

drive

初心者のうちは大通りは車が多く、速度も結構出ますので怖がる人が多いと思います。しかし実際に安全なのは大通りだったりします。

車が多く速度が速いといっても、道は整備されていますし、車の流れに乗っていればそこまで苦労することはありません。

狭い道の方が初心者の人にとっては大変です。狭い道は対向車が来た時にすれすれになってしまいますし、歩行者も多いです。

また見通しが悪い交差点も多いので接触事故の可能性も高くなります。車通りは少なくても事故の危険は狭い道の方が多いのです。

ですから運転に慣れないうちは大きめの道路を優先的に選んで走るようにしましょう。車間距離や速度に注意すれば心配することはありません。

車の操作方法を確認しておこう!

車というのは車種によって若干の操作性の違いがあります。ギアの位置が違ったり、サイドブレーキがフットブレーキだったりと様々。

教習所で乗った車の仕様しか頭に入れていない状態だと、乗った車に操作の違いが見つかった時に焦ってしまいます。

そうなると、的確な操作ができずに判断力も鈍ってしまいます。結果的に事故のリスクが上がるわけです。

ですから発進する前に、自分の乗る車の操作は一通り確かめておきましょう。位置の確認なども大切です。

まとめ

車というのは便利な反面、一歩間違えれば命を失いかねない大事故を引き起こす可能性をも秘めているのです。

しかし最初は誰だって初心者です。怖がって乗ることをためらっていてはいつまでたっても上達することはできません。

しっかりと注意点を頭にいれて安全運転を心がければ事故のリスクは最小限に抑えることができますから、運転初心者の人はこの記事を参考にしてみてください。

iwakura-dsでよく読まれている記事です。あわせてご覧下さい!

さよならサイドミラー!国土交通省がミラーレス車(バックミラー)の解禁を認め、6月18日から走行可能に!

2016年4月1日からナンバープレート違反の基準が変わります!ナニがダメになるのか!?

持ってるだけでかなりスゴイ運転免許、フルビット免許証とは!?

ゴミ袋900個分も入る!ごみ収集車の知られざる中身!

本当に、リッター30キロ?車の正しい燃費を計算する方法!


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - カーライフ ,