iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

意外と知らない!?レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いってナニ!?

      2016/06/23


iwakura-menkyo

クルマに乗る以上はどうしても必要となるガソリンですが、ガソリンにはレギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクは高い、レギュラーは安いのが特徴です。でも、このふたつのガソリンの違いは一体何なのか……知ってますか!?

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いってナニ!?

一般的にガソリンスタンドでレギュラーと表記があるものは、日本で最も多く消費されている自動車用ガソリンの『レギュラーガソリン』です。一方、ハイオクと表示されているものは『高オクタン価ガソリン』のことで、レギュラーより高いオクタン価を持つガソリンのこと。(メーカーによって呼称は変わってきます)

オクタンとは、ガソリンの成分に含まれる「イソオクタン」のことで、「オクタン価」はエンジンの*ノッキングの原因となる異常燃焼のしにくさを数値化したものになります。

*ノッキングとは、アクセルを踏んだときなどにエンジンから「ガリガリ」「ガラガラ」と発生する音をノッキングといいます。

つまりハイオクはオクタン価が高く、エンジン内で異常燃焼・ノッキングがしにくいガソリンなんですね。

スポーツタイプの自動車など一部の車種では、出力アップのため混合気の圧縮比を高めた設計のものや、スーパーチャージャー搭載のエンジンが使われていることも多く、こうした車種ではできるだけノッキングを起こさないように、燃料にハイオクが指定されている場合があります。

レギュラー仕様車にハイオクを使用しても、出力アップにはつながりませんし、逆に「ハイオク」指定車に「レギュラー」を使用した場合、普通に走行できますが、安定した燃焼ができないためエンジンに負担がかかりあまりよろしくないのです。

総括すると、オクタンの量がハイオクとレギュラーの違いになる訳です。

ちなみに、輸入車はハイオク仕様車が多いことを知ってますか!?

SONY DSC

輸入車のほとんどがハイオク仕様車です。コンパクトカーの代名詞フィアット500もハイオク指定です。同じセグメントの軽自動車はレギュラーOKなんですが……これは海外と日本でのオクタン価基準の違いによるものです。

日本のオクタン価はハイオクで100、レギュラーで90となって定められています。ヨーロッパのレギュラーはオクタン価が95で、日本の基準よりも高いため、日本で使用する場合はハイオクが指定燃料となる訳です。

つまり、欧州規格のレギュラーガソリンは日本のハイオクと同様のレベルとも言えるかもしれません。

ヨーロッパのオクタン価の基準はより効率よくクルマの設計をするためのものとも言われています。

iwakura-dsでよく読まれている記事です。あわせてご覧下さい!

さよならサイドミラー!国土交通省がミラーレス車(バックミラー)の解禁を認め、6月18日から走行可能に!

2016年4月1日からナンバープレート違反の基準が変わります!ナニがダメになるのか!?

持ってるだけでかなりスゴイ運転免許、フルビット免許証とは!?

ゴミ袋900個分も入る!ごみ収集車の知られざる中身!

本当に、リッター30キロ?車の正しい燃費を計算する方法!


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - 雑学 , ,