iwakura-ds.co

岩倉自動車教習所がお届けするカーライフ情報

*

ハミタイ(タイヤのはみ出し)10mm未満まで、2017年6月22日からついに解禁!!

   


ハミタイ、10mm未満まで解禁!

車体からタイヤがはみ出している状態、いわゆる「ハミタイ」は、これまで不正改造として車検の対象外でしたが、2017年6月22日(木)より一部解禁されることになりました。

国土交通省が公布・適用した、クルマの技術的な基準を定める「保安基準」の一部改正によるものです。

これまでは、クルマのハンドルを直進方向にした際、タイヤ中心部から前方30度、後方50度の範囲において、タイヤやホイール、ホイールナット、センターキャップなどの回転部分が、直上にある車体よりひとつでも突出した場合、違法とされていました。

今回の一部解禁は、クルマの製造年月日を問わず、上述の基準を一部緩和するというもの。同時に、自動車のマフラーの向きに関する基準も変更されました。

ハンドルを直進方向にした際、タイヤ中心部から前方30度、後方50度の範囲において、10mm未満であれば、タイヤがはみ出しても許可されるようになりました。

タイヤのリブも改正により、突出部分と見なされなくなりました。

ツライチは!?

フェンダーの外側とホイールの外側の位置が同じになる状態のことを「ツライチ」といいますが、ホイールを購入する際など『できるだけツライチにしたい』といった見た目をよくするためのドレスアップとしてこの用語が使用されます。

ツライチは基本的にタイヤがはみ出さないギリギリの位置になるよう調整することなので保安基準に適合する状態です。

しかし、あまりギリギリをせめてしまうと保安基準に適合するかの判断が難しくなりるので、車検・点検などではその都度タイヤがはみ出していないかの測定を行う必要性がでてきてしまうため、本当のツライチにすることはおすすめできません。


記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「京都の岩倉自動車教習所」がお届けしています。

 - カーライフ , ,